シャネル化粧品公式サイト

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null 息《いき》がつまり、目の奥《おく》に火花がちった。バルサはひっしに奥歯《おくば》をかみしめて、気をうしなうまいとした。大柄《おおがら》な兵士たちが、乱暴《らんぼう》に両側《りょうがわ》からバルサの腕《うで》をつかんだ。もがくことさえできないほど、がっちりと腕をつかまれて、バルサは、酒場《さかば》の玄関口《げんかんぐち》のほうへひきずられていった。  玄関口へ通じる通路《つうろ》は、両壁《りょうかべ》が衣《ころも》かけになっていて、客《きゃく》のカロ(ロタふうのマント)がずらっとかかっている。  兵士《へいし》たちが、バルサをひきずりながらその通路《つうろ》にはいると、酒場についたばかりの客《きゃく》だろうか、ぬいだカロを手にもって通路に立っていた男が顔をあげて、こちらをみた。外はかなり冷《ひ》えてきているのだろう。男は鼻《はな》のあたりまでシュマ(風よけ布《ぬの》)で顔をおおっている。 「おい、そこをどけ。」  おうへいな口調《くちょう》で兵士が男に声をかけたときだった。男が、いきなり、手にもっていたカロをすくいあげるようにしてふりまわした。……と、なにか小さな袋《ふくろ》のようなものがカロの下からとびだし、バルサの前に立っていた兵士の胸《むね》にあたった。  とたん、ぱっと白い粉が煙《けむり》のようにまいあがり、兵士たちが、わっとさけんで、顔を手でおおった。  前がみえない。粉をすいこんで、兵士《へいし》もバルサも、はげしくせきこみはじめた。シュマで顔をおおった男が、すばやく兵士のうしろにまわりこみ、バルサの右腕《みぎうで》をつかんでいる兵士のうなじを肘《ひじ》でうった。兵士は、うめいて、前のめりにくずれおちた。バルサは、たおれていく兵士にひきずられるかっこうで、兵士のほうへたおれかけた。  バルサの左腕をつかんでいた兵士が、せきこみながら、なんとかバルサをひっぱって、立たせようとした。ななめになって、その兵士をみあげたバルサは、人影《ひとかげ》が彼《かれ》の背後《はいご》にまわるのをみた。  つぎの瞬間《しゅんかん》、その人影《ひとかげ》は、兵士《へいし》のうなじに手刀《てがたな》をふりおろした。兵士はうめき声もたてずに、くずれおちた。 「……立てるか。」  くぐもった声が耳もとできこえ、バルサは肘《ひじ》のあたりをもたれて、ささえられたのを感じた。 「出口はあっちだ。走れ!」  背《せ》をおされ、バルサは、よろめきながら走りだした。  背後《はいご》で、男が兵士《へいし》と格闘《かくとう》しているにぶい音がきこえている。  咳《せき》がとまらず、目がいたんで涙《なみだ》がぽろぽろこぼれる。めまいがどんどんひどくなり、周囲《しゅうい》の景色《けしき》がゆがんで、悪夢《あくむ》のなかをもがいているようだった。  なにがおきているのか、まったくわからなかったが、ひとつだけ、たしかなことがある。  いまの自分には、味方《みかた》はいない。――いるはずがないのだ。  何者《なにもの》かわからないが、シュマで顔をかくしている男からも、逃《に》げねばならない。
    2015-02-19 10:49
    ŗ 評論 0
発祥地|シャネル化粧品公式サイト
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|シャネル化粧品公式サイトの効果は良いですか_シャネル壁紙,シャネル化粧品公式サイト卸売,オンラインショッピングをシャネル化粧品公式サイト 来宾纪检监察网